2009年03月15日

スト決行!TBSからアナ消えた

TBSのニュース、情報番組に出演しているレギュラーのアナウンサー陣が13日、一斉に番組から姿を消す事態が起こった。TBSの労働組合が同日正午からストライキを行ったためで、組合員であるアナウンサーらも番組への出演を取りやめた。アナウンサーがストのため出演を見合わせるのは、他局を含めてもここ10年ほど例はなく、異例の事態だ。

  ◇  ◇

 「木村郁美アナウンサーは、今日はお休みです」。フリーの福沢朗キャスターが「ピンポン」でこう説明したのを皮切りに、午後から夜にかけて、人気アナウンサーの“欠席”が相次いだ。

 TBS広報によれば、今回のストは春闘の会社側の一次回答に対するもので、13日正午から深夜0時までの時限スト。このため「ピンポン!」のほか「2時っチャオ!」「イブニング・ファイブ」「ニュース23」などの生放送で組合員アナが不在となり、代わりに管理職アナウンサーや外部キャスターが穴を埋めた。また、番組内容も多少変えてしのいだという。

 TBSの労働組合は、TBSとTBSテレビ社員からなるユニオン制で、管理職以外は全員加入する。スト自体は正当な権利だが、ストライキによって番組に影響が出るのは極めてまれ。NHKを含めた他局でも、ここ10年は行われた例がない。TBSによれば「自分がストに入るか入らないかはそれぞれの判断」というが「除外申請」をすれば業務を行うことも可能という。

 TBSのストライキ決行を知った各局も驚きを隠せない。民放局員は「かなり昔はあったみたいだけど、最近はストが成立したことがない」「すごいね。ウチは組合が弱いからそんなことは起きたことがない」「伝説として聞いたことはあるが…」と、口々に驚きのコメント。NHK職員も「かなり昔はありましたが、画面上影響が出るようなことはここのところはないですね」と話した。

 各番組では「○○アナは休み」という事実だけを冒頭で知らせ、理由の説明は行われなかったため、TBSに問い合わせた視聴者もあった。
posted by ベッカモ at 00:33| Comment(56) | アナウンサーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

出水アナ レギュラー3本引き継ぎ

tnr0902121156005-p1.jpg11日現在、レギュラー番組を6本抱え、3月いっぱいでTBSを退社する小林麻耶アナウンサー(29)の後任に注目が集まっているが、そのうち3本を引き継ぐのは入社3年目で、現在「NEWS23」でスポーツコーナーを担当する出水麻衣アナ(25)。

 サンケイスポーツ既報の「王様のブランチ」(土曜前9・30)をはじめ、関係者によると「世界・ふしぎ発見!」(土曜後9・0)、「ザ・イロモネア」(土曜後6・55)にも抜擢されたという。

 TBSのエースとして活躍してきた麻耶アナに続き、出水アナにもエースアナとしての期待がかかっている。


ラベル:出水麻衣
posted by ベッカモ at 18:57| Comment(9) | アナウンサーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小林麻耶アナ、「王様のブランチ」を卒業

kobayashimaya01.jpg3月いっぱいでTBSを退社する小林麻耶アナウンサー(29)が14日、レギュラー番組「王様のブランチ」を卒業した。

いよいよ退社カウントダウン…TBS小林麻耶アナ

 小林アナは番組の終了直前に司会の谷原章介(36)、優香(29)の2人から花束が渡され、さらにゲストのココリコ・遠藤章造(37)からかぶっていた帽子を贈られると「やさしい!」と思わぬプレゼントに感謝感激。最後のあいさつで「30日から報道番組で頑張りますので、『総力報道!THE NEWS』(月〜金曜後5・50)もよろしくお願いします」と新天地のPRもしつつ、笑顔を見せていた。

 小林アナはこの日、同じ土曜日のレギュラー生放送の「チャンネルロック!」(後5・0)も卒業した。

 「王様のブランチ」の後任には出水麻衣アナ(25)が決まり、「世界・ふしぎ発見!」(土曜後9・0)や「ザ・イロモネア」(4月から木曜後9・0)も小林アナから引き継ぐ予定。またそのほかのレギュラー番組では「チューボーですよ!」(土曜後11・30)は枡田絵理奈アナ(23)が抜擢された。

 小林アナは「総力報道−」でメーンキャンスターを務め、アンカーマンの後藤謙次氏(59)や、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(36)がスペシャルスポーツキャスターとして出演する。

posted by ベッカモ at 18:55| Comment(0) | アナウンサーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

女子アナたち 年収1500万で「副業」もOK

一般企業のOLに比べて数倍も高いと言われている「女子アナ」の給与の実態が、テレビ番組で明かされた。さらに、副業も認められていて、結婚式などの司会を務めると1回あたり5〜50万円になるという。バブル期には1回100万円という仕事もあったそうだ。

ゴルフコンペに出てちょっと司会して100万円
2009年1月9日に放送されたTBS系バラエティ番組「私たちは天使だ!! 〜教えて浜ちゃん 芸能界で当てて親孝行するぞスペシャル!〜」で、女子アナ、女優、歌手の給与の実態が明かされた。「ダウンタウン」の浜田雅功さんがMCを務め、フリーアナウンサーの内田恭子さん、お笑い芸人の藤井隆さんらが出演した。

女優や歌手の場合、売れるか売れないかで給与の格差が激しいが、女子アナはテレビ局の社員なので安定した給与が見込める。しかし会社員とは言っても、一般のOLとはケタが違う。番組によると、入社10年目のOLの平均年収は302万円だが、女子アナは1200〜1500万円と、4、5倍も多い。ただ、テレビ局によっても差があるようだ。各局の事情を知っているという浜田さんは、

「フジテレビがやっぱり一番いいですよ」
と、明かしていた。

また、アナウンサーが一般的な会社員と大きく異なるのは、「副業」が認められている点だ。中でも多いのがイベントや結婚式などの司会で、イベントでは1回あたり5〜10万円、結婚式では20〜50万円が相場のようだ。元フジテレビアナウンサーで現在はフリーの山中秀樹さんは同番組で、フジ時代に「社外業務従事届」を局に提出して副業していたことや、バブル期の「すごい仕事」について語った。

「バブル期はよかったですね。私じゃないですけど、女子アナでゴルフコンペに出てちょっと司会して100万円というのがありました」
もっとも、不景気の今ではおいしい副業もそうは見込めないのかもしれない。ちなみに、100万円の仕事をした女子アナとは、「本人がテレビでしゃべってますから名前を言いますけど」とした上で、元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんだと明かしていた。

女子アナと野球選手は「社内結婚」みたいなもの
同じく元フジテレビのアナウンサーである内田さんは、こう振り返っている。

「(副業の)話は頂きましたが、やるかやらないかは本人の自由ですね。司会の仕事は土日が多く、休みがつぶれるのが嫌だったので私はやらなかった」


「今と昔では状況が異なります。テレビに出る以外の仕事については、まず会社として受けるか受けないかを判断しています。どの程度受けているかについては、お話できません」
局を辞めてフリーになる女子アナも多い。働いた分だけ稼げるので、収入が局アナ時代に比べて数倍にもふくれあがる。番組によると、夕方のニュースで各番組の「顔」となっているキャスターの年収は1億円にのぼる。2億円を超える女子アナもいるのだとか。

プロ野球選手との結婚が多いのも、女子アナの特徴だ。元TBSアナウンサーの福島弓子さんや元日本テレビの柴田倫世さんのように大リーガーと結婚した例もある。内田さんは、女子アナと野球選手の結婚が多い理由について、

「(野球選手と結婚した人の)話を聞くと出会いがそこしかないんですって。取材に行くと選手がいて、『社内結婚』みたいなものです」
と、話していた。

自身は野球選手ではなく浜田さんの元マネージャーの男性と結婚している。「(野球選手から)声かけられているわけですよ」と振る浜田さんに対し、内田さんは「ハートで選んだ」とぼかしていた。すると、共演者から、野球選手と結婚した女子アナは「お金で(結婚相手を)選んだみたいじゃないですか」と突っ込まれていた。

posted by ベッカモ at 01:03| Comment(0) | アナウンサーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

大橋未歩アナがミニスカ披露

gnj0903081734022-p2.jpgテレビ東京系で4月28日から放送予定の「世界卓球2009」にちなみ、同局の大橋未歩アナ(30)ら女子アナ7人によるPRユニット、ピンポン7の結成イベントが8日、クイーンズスクエア横浜で行われた。

 7人はリーダーの大橋アナ厳選によるピンクのノースリーブ&ミニスカの大胆ユニホームで登場。その大橋アナは「もう三十路だし、恥ずかしすぎ…」とナマ足をさすりながらホンネを告白。

 夫でヤクルトの城石憲之内野手(35)にも「(この衣装は)キツいでしょ」と不評だったそうだが、「体を張ってでも、やらなければならないんです!」と“女子アナ魂”全開で世界卓球を盛り上げることを誓っていた。


ラベル:大橋未歩
posted by ベッカモ at 01:22| Comment(0) | アナウンサーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サブキャスターになれなかった武内絵美アナの今後

photo02.jpgテレビ朝日の「報道ステーション」の新サブキャスターに市川寛子アナ(29)が抜てきされた。そこで注目されるのが武内絵美アナ(32)の今後だ。同番組のスポーツコーナー担当を務め、次期サブキャスターは確実とみられていただけに、これからの身の振り方が気になるところだ。

 テレビ朝日の看板報道番組「報道ステーション」のキャスターを務めている河野明子アナが、中日ドラゴンズ・井端弘和内野手と結婚。
 この3月で円満退社するが、その後任として大抜てきされた同番組のお天気キャスター、市川寛子アナをめぐってさまざまな情報が飛び交っている。
 「新キャスター発表以後、同番組でスポーツコーナーを担当している武内絵美アナは、市川アナと会話どころか視線さえ合わそうとしないそうです」(芸能ライター)
 武内アナ、“次は私”という思いが強くあったようだ。
 「そりゃそうです。年齢、経験年数からいっても、武内アナが起用されても全然おかしくありません。これまでニュース原稿をまともに読んだことがなかった小林麻耶アナ(TBS→フリー)が今春からキャスターを務めるのを見れば、武内アナがその気になるのも当然でした。メーンキャスターを務める古舘伊知郎の強い要望で市川キャスターが実現したともっぱらの評判です」(芸能リポーター)

 市川アナの「報ステ」でのお天気コーナー担当歴は5年ほど。古舘キャスターが“天使”と絶賛するほどの才色兼備のアナウンサー。端正な顔立ちに透き通る声で、終始、笑顔を絶やさず好感度も高い。
 「元ミス青学の癒やし系美人です。天気予報が外れて謝ったり、原稿やコメントをかんで顔を真っ赤にするところは、入社以来ずっと変わらず初々しいところ。びしょ濡れになりながらの台風リポートや、凍えながら涙目で伝える厳冬中継も人気がありました」(芸能ライター)
 そんな、けなげな市川アナを見て、古舘キャスターは「いつも外で頑張っているから、中に入れてあげよう」と言ったと、まことしやかにささやかれている。
 市川アナの同期には、大木優紀アナ、前田有紀アナらがいるが、報道向きという点では、やはり市川アナが一番だろう。
 「武内アナが河野アナの後釜になれなかった最大の原因は、やはり彼女が“恋多き女”だからでしょう。芸能人、実業家…。キャスターにスキャンダルはタブーです」(芸能リポーター)
 こうなれば、開き直って寿退社するしかない?

ラベル:武内絵美
posted by ベッカモ at 01:11| Comment(2) | アナウンサーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

大木優紀|アナウンサー|女優なり切り宣言

tnr0808030840000-p1.jpgテレビ朝日のアナウンサーが総出演する舞台「VOICE6」が28日、東京・赤坂の草月ホールで初日を迎えた。開演前に03年入社の同期である前田有紀(28)、大木優紀(28)、市川寛子(29)の各アナが会見。大木アナは「演技のセンスが生まれつきないみたい。言葉に気持ちがついてこない」と泣きを入れたが、最後は「ネガティブにならず、舞台女優になり切って頑張りたい」と気を取り直していた。


ラベル:大木優紀 女優
posted by ベッカモ at 01:08| Comment(0) | アナウンサーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

人気アナウンサーの独立問題

img169dc97ezikezj.jpgTBSで一番人気を誇る小林麻耶アナ(29)がフリーになり、同局の報道新番組にキャスターとして登場する。さらに日テレの看板アナだった松本志のぶ(39)が3月一杯で退社を公表した。実はいまこの2人の人気アナウンサーの独立問題が大きな波紋となってテレビ界に広がっている。

 「小林アナにしても松本アナにしてもほとんどの局員は、寝耳に水の話。誰もが一様に驚いていた。というのも、この2人は2番手、3番手のアナウンサーではない。局にいても将来は、それなりのポジションが約束されていたからです」(関係者)
 そしてその余波がテレビ局内に打ち寄せている。民放編成マンが内情をぶちまける。
 「局を代表する人気アナのフリー宣言を知り、各局を代表するいわゆるアラサー・アラフォーアナたちが真剣に独立を考えるようになったんです。理由? もちろんお金ですよ」
 この100年に一度といわれる大不況はテレビ界にとっても痛手となった。スポンサーの出稿が激減し制作費はどんどん削減されているのだ。そんな時に注目されたのが安く使える女子アナだ。
 「なかでも人気アナとなればフル活動。ところが皮肉なことに給料は右肩下がり。フリーになれば最低でも2倍以上になる」(同)

 さらに、フリーになった人気女子アナたちの受け皿が存在していることも影響しているようだ。
 「フジテレビと系列の共同テレビ、そして多くの人気キャスターを輩出してきたセントフォースの3社が立ち上げた『フォニックス』です。小林麻耶アナもここに所属するはず。推定年収は5000万円。ちなみに共テレからフォニックスに移籍した滝川クリステルの年収は一気に3倍の3000万円。松本アナも期間限定で日テレ系のプロダクションに所属しているが、1年後は一切の白紙。関係者はフォニックス入りすると見ている」(芸能プロ関係者)

 ちなみに現在、独立が予想される各局の人気女子アナを羅列してみた。フリーになった場合の推定年収も併記する。
 「日テレは、西尾由佳理(推定4000万円)、笛吹雅子アナ(推定5000万円)。TBSは過去に独立騒動を起こした青木裕子(推定7000万円)。フジは高島彩(推定1億円)、中野美奈子(推定1億円)テレ朝は武内絵美(推定3000万円)」(芸能プロ幹部・年収は広告代理店シンクタンク調べ)
 だが、一方ではこんな声も。
 「経費削減の中で、ギャラの高いフリーアナを使うことはほとんどないと思う。起用されても視聴率がとれなければ、次の仕事がなくなるリスクも高い。局に残って、結婚式の司会など、バイトに励んだ方が安定した高収入が得られる」(別の民放関係者)
 人気女子アナの独立宣言が続くかどうか?

posted by ベッカモ at 01:45| Comment(0) | アナウンサーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『隠れ巨乳』の女子アナが絶賛される訳とは…

004b.jpgテレビ各局、人気キャスターが多数いるが、中でも“報道の女王”といわれているのが安藤優子キャスター(50)。その安藤キャスターも絶賛しているのが、隠れ巨乳でも知られるNHK青山祐子アナ(36)なのだ。

 先ごろ、ヒラリー・クリントン米国務長官が訪日した際、唯一、単独インタビューに成功した「スーパーニュース」(フジテレビ)の安藤優子キャスター。
 「安藤キャスターに与えられた時間は、ヒラリー長官が椅子に座ってから7分間。直前の皇后陛下との面会が盛り上がったのか、時間が押したのにもかかわらず、彼女は“9分間”のインタビューに成功したのです。周囲のスタッフに“これは私でないとできない”と鼻高々だったそうです」(芸能ライター)
 これで、ますますもって“報道の女王”の座は安泰だが、今春から番組の改編に伴い、各局の女性キャスターが大きく変わる。
 「主なところでは、TBSの局アナだった小林麻耶アナがフリーとして3月30日スタートの同局の報道番組「総力報道! THE NEWS」のメーンキャスターを務めます。またテレビ朝日の看板番組「報道ステーション」のキャスターを務める河野明子アナが中日ドラゴンズ・井端弘和内野手と結婚したため、3月で寿退社しますが、その後任には同番組のお天気キャスター、市川寛子アナが大抜擢されました」(芸能リポーター)

 彼女たちが安藤キャスターにどこまで肉薄できるか、けだし見ものだが、安藤キャスターは歯牙にも掛けていないという。
 「安藤さんが気にしているのは『ニュースJAPAN』(フジテレビ)の滝川クリステルキャスターと『ニュースウォッチ9』(NHK)の青山祐子キャスターの2人です。とりわけ青山アナに関しては、“清潔感があって、言葉に人間性、温かさのあるNHKらしくないキャスター”と絶賛してます」(芸能ライター)
 広島県三原市生まれの青山アナは、4人姉妹の長女。小さいころから剣道、新体操、弓道に励んできた“体育会系”のキャスターだ。
 「青山キャスターのセールスポイントは、この体育会系のノリを背景とした明朗活発なしゃべりと巨乳です。新人時代は発音やアクセントがおかしく失敗の連続でしたが、スポーツで鍛えた不屈の精神で乗り切りました。局内での愛称は“まるちゃん”。あのまんまるい笑顔からきています」(芸能ライター)
 今でも時々“かむ”のも魅力の一つか。



posted by ベッカモ at 01:30| Comment(0) | アナウンサーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

テレビ朝日女子アナウンサー晴れ着で仕事始め

a111.jpgテレビ朝日の矢島悠子(26)、竹内由恵(22)、本間智恵(23)、八木麻紗子(22)の各アナウンサーが5日、同局系「50時間テレビ」のPRのため、東京・大手町のサンスポ編集局を晴れ着姿で訪れた。

2月1日の同局開局50周年を記念し、10日間(30〜2月8日)×1日5時間にわたり人気番組のスペシャルなど超豪華特番を50時間放送。同番組で「ミュージックステーションスペシャル」を担当する昨年入社の新人、竹内アナは、司会のタモリ(63)の“相棒”に抜擢された昨年を振り返り、「想像できない1年でしたが、暮れのスーパーライブでは、MCの合間にタモリさんとお話できて楽しかった」と成長している様子。

同期の八木アナは「2年目の今年は一歩一歩、がんばりたい」と堅実な目標。同じくルーキー、本間アナは「地デジ対応できるアナになります」と“迷言”。すると先輩の矢島アナが「地デジは肌のきめが恐ろしいほど映るので、肌を美しく保って“地デジ対応”していきます」とナイスフォローで笑わせた。


posted by ベッカモ at 14:07| Comment(0) | アナウンサーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。